数多くの事業を行う株式会社アーキ・ジャパンについてのまとめ

建設業界に特化したアウトソーシング(人材派遣)から環境活動まで幅広く行うアーキジャパンについて調べてみました。

サステイナビリティについて

株式会社アーキ・ジャパンのサステイナビリティについて説明します。
ただ深くそれを知るためには、まず「サステイナビリティ」が何なのかをしっかりと把握する必要はあるのではないでしょうか。

「サステイナビリティ」は、環境と経済、そして社会という3種類の視点によって考えるもので、この3種類を接続可能な状態にするというものです。
例えば企業が事業を行うためには、上記した3種類についてしっかりと考える必要があります。
事業を行うということは、経済や社会、それに場合によっては環境にも大きな影響を与えることになるでしょう。
それによって生じることになるであろう影響をきちんと考えて、ベストな事業戦略を練ることが大切になるのです。
企業によるサステイナビリティのことを、コーポレートサステナビリティと呼びます。

難しくてわかりづらい内容だと思われますが、海外では日本以上に一般化している考え方です。
企業は事業を行うにあたり自社のことだけを考えておけばよい!という時代は終わりました。
環境、経済、社会についてなどしっかりと考慮したうえでビジネスを展開することが求められていて、サステイナビリティを重要視している企業も日本にたくさん出てきました。
その代表格が、株式会社アーキ・ジャパンです。

株式会社アーキ・ジャパンは、公式サイト上でもサステイナビリティについて宣言しており、社会的責任を大事に考えていることが分かります。

ではこの企業がどのような形で社会などに対して貢献しているのかを見ていきましょう。

株式会社アーキ・ジャパンは、まず「環境保全への取り組み」を行っています。
低炭素社会を実現させるために活動をしており、それによって全世界で懸念視されている地球温暖化の防止に貢献できます。

そして「ゴミ0クリーン活動」も行っており、1週間に1回ペースで近隣の清掃を行っているようです。
こういった作業はなかなか積極的にできるものではありませんので、素晴らしい試みだと思います。

他には「社会貢献活動への取り組み」として、国境なき教師団のCIESFに支援をしています。
日本では考えられませんが、海外では教育を満足に受けられない子供たちがたくさんいます。
こういった現状を変えようというのは国境なき教師団ですが、この活動を株式会社アーキ・ジャパンは支援しています。

上記したもの以外にも、復興支援にかかわるもの、社内人材の教育に関するサステイナビリティにも力を入れています。